无标题文档
現在位置: ホーム > 投資・東莞 > 産業経済 > 基幹産業
支柱産業
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2016-12-20 [このページを印刷]    [クローズ]

  電子産業は東莞の竜頭支柱産業であり、電子と通信設備製造業、電子部品付属品業界がここに集中し、電子消費製品と情報製品、電子電気製品、家電製品などに及んでいます。
  スマートフォン、ipadと付属部品輸出は東莞輸出貨物において重要な構成部分です。2015年に東莞当該製品輸出額は200億米ドルに達し、8.9%増でした。そのうち、携帯電話輸出は1億台を超えました。主にASEAN、ヨーロッパー、中東、アフリカ、アメリカ、インドなど160余りの国(地域)へ輸出しています。ASEANは東莞スマートフォン最大の輸出市場として、2015年に東莞がASEANにスマートフォンを輸出した台数は2000万台近くに達し、市全域スマートフォン輸出量の5分の1を占めました。
  現在、東莞はスマートフォン、ipad生産企業が400社余りに達し、サムスン、アップル、華為、小米、OPPO、金立など国内外有名なブランドのスマートフォン、ipadと付属部品はすべて東莞で生産しています。スマートフォン出荷量は2.6億台に達し、世界シエアの17%を占めています。つまり、世界6台スマートフォンの中の1台は東莞で生産したものです。

无标题文档