无标题文档
文化
現在位置: ホーム > 投資・東莞 > 都市概況 > 文化

  世界数多くの国々と地域の人々が東莞で投資創業し、調和が取れて暮らしており、東方と西洋、伝統と現代、高雅と通俗、沿海と内陸など多文化がここで融合し、共同で発展させています。
   東莞で発掘した蚝崗遺跡は、「珠江デルタ第一村」として称せられています。とっくに5000年前の珠江デルタ古人類がすでに東莞で生息しました。東莞は嶺南文化が深く残され、有名な嶺南画派も東莞可園から生まれたのです。
   ここ数年間、東莞は文化名都の構築に力を入れており、相次いで玉蘭大劇場、図書館、博物館、科学技術館など公衆文化施設を建設し、図書館の町、博物館の町、広場文化の町、音楽劇の都、アルバイト音楽、アルバイト文学などシリーズが全国で影響力のあるブランドを作り上げました。ここには全国で密度最大の文化広場があり、全市をカバーする24時間図書レンタル閲覧システムがあり、至る所で散在している粤劇私伙局があります。また、「我々の祝日」、文化週末、読書お祭り、都市の虹、歌えば歌うほど人気があるなどブランドイべンドがあります。「莞産音楽劇」の名声が高いです。8年内に作った『蝶』、『鋼の琴』、『母さん、もう一回愛してくれて』など10部音楽劇は、国内で作ったオリジナル音楽劇が最も多い都市となりました。2013年に東莞が広東省唯一、全国最初国家公衆文化サービス体系模範区を創設しました。2014年にも国家公衆文化サービス標準化試行地方として認められ、全国10の入選都市の一つとなりました。
   東莞は、至る所でスポーツに対する情熱が満ち溢れています。新中国最初のスポーツ世界記録創造者である陳鏡開がここに生まれ、中国卓球神童丁俊暉がここで育成され、バスケットボール名人易建聯がここで功績を収め、広東宏遠CBAバスケットボールチーム、「CBA第一館」東莞市バスケットボールセンター、「世界最大ゴルフ会」観澜湖ゴルフ会、李永波バドミントン学校、国家バドミントン訓練基地を持っています。「全国水泳の郷」、「重量あげの郷」、「竜の形に飾った船の郷」、「竜獅運動の郷」、「スヌーカーチャンピオンの揺りかご」、「全国バスケットボール都市」などとして称せられています。2015年、東莞は初めに主催した重要な国際スポーツ試合である第十四回スディルマンカップ世界バドミントン混合団体選手権大会は、運動の町に素晴らしさを一層加えました。

无标题文档