无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
塘廈鎮は2017年に重点プロジェクトを導入して集中的に契約した
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-01-02 [このページを印刷]    [クローズ]

13項の重大な優良プロジェクトが塘廈に定住

先日、塘廈鎮は橫塘コミュニティ昕旺創智谷ハイ・ニューテク産業園プロジェクトの現場で塘廈鎮2017年重点的に導入したプロジェクトの集中調印式を開催し、塘廈鎮政府はそれぞれの13項の重点プロジェクトの責任者と投資意向書を締結した。聞くところによると、塘廈鎮は2017年に共に重大な優良プロジェクト13項を導入し、総用地面積は1000余りムー、資産総額は145億元で、年産価値は284億元、税収は19.6億元の見込みがある。

 

廃棄された養殖場はハイニューテク産業園に変える

塘廈鎮が2017年に導入した13項の重大な優良プロジェクトの中で、工業プロジェクトは10項、科技産業プラットフォームプロジェクトは2項、サービス業プロジェクトは1つ項あり、基本的に投資の共通認識を合意した。

塘廈鎮委員会書記である方燦芬は、塘廈は深セン、東莞、恵州経済圏のセンターに位置していて、深センに隣接している地域優位と頑丈な産業クラスターの優位に頼り、日に日に深センハイエンド産業資源の外へ流出する第一選択地になっていると語っていた。今年4月、塘廈鎮は東莞市に東莞東南の深センに隣接している片区センターの位置付けを与えられて、江西と深センの高速鉄道の塘廈駅片区は重点発展先行区としてを片区の発展を「点火する」引率しなる。

調印式の開催地である昕旺創智谷ハイ・ニューテク産業園プロジェクトの所在地はもともと廃棄された養殖場であり、占有面積は90余りムー、いくつかの廃棄されたブタ小屋とトタン工場建物が分布していて、長年にわたり経済効果がなく、環境が極めて悪く、周辺民衆による苦情が多い。合理的に土地資源を利用するため、塘廈鎮政府は広東ハイテク産業商業会議所とマッチングして、深センのあるグループ会社を導入して昕旺創智谷ハイ・ニューテク産業園を建設する。このプロジェクトはハイエンド電子情報、知能製造産業を主にするハイテク産業モデルチェンジ昇級基地を建設し、70社以上の国家ハイテク企業を導入して、再来年の生産額は50億元、税収は毎年3億元になる見込みがある。

塘廈鎮長である黎雪琴は表して、塘廈鎮は深セン市宏発投資グループ有限会社と面談して、協力で石潭埔科技産業新市街の「三旧改造」プロジェクトを開発して、現在のところ、このプロジェクトはすでに投資の共通認識を合意して、連続開発を実現する見込みがある。

続いて、塘廈鎮は重点的に石潭埔、林村、128工業区域などの片区のプロジェクト建設を進めて、中心区周辺の138片区、四村福基囲などの旧地区の改造を推進して、土地の非常に不足しているボトルネックを解除する。

 

出所広州


无标题文档