无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
搜于特ファション産業供給チェーン基地プロジェクトが契約を締結総投資額10億元のプロジェクトが道滘に定住
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-01-02 [このページを印刷]    [クローズ]

先日、道鎮でプロジェクト調印式を開催し、搜于特ファション産業供給チェーン基地プロジェクトがみごとに契約を締結して道に定住し、プロジェクトの総投資額は10億元を上回って、年産価値は30億元の見込みがある。出来上がった後、搜于特グループのサプライチェーン・マネジメントの業務本部として、商業貿易、商品物流、フロー、技術流れ、資金流れが道に集まることを動かして、道産業のモデルチェンジを加速し、道経済の発展基礎を高める。

鎮委員会書記である謝衛東は式典で挨拶して、搜于特グループが今まで道経済社会の発展のために作り出した重要な貢献に感謝して、彼は表して、搜于特グループが発展モデルの革新を通して、みごとにグリーン、高効率、革新する産業の発展する新路を創造した。

あとで、道鎮委員会の副書記、鎮長である陳旭林は道鎮人民政府を代表して、搜于特グループ株式有限会社の理事長である馬鴻と契約を締結した。

記者は聞かれて、サプライチェーン・マネジメントは搜于特グループの未来における発展する重要な戦略方向であり、当日に契約した搜于特ファション産業供給チェーン基地は搜于特グループが正にグループの戦略発展の需要に立脚し、全面的にグループの全国に分布する綿、綿糸の業務資源を統合することにより、「オリジナルブランド+サプライチェーン・マネジメント+取引プラットフォーム+供給チェーン金融」を一体化した全国的な、総合型綿糸織物の大口取引プラットフォームを創立する。

プロジェクトの所在地は道閘口村掌洲に位置していて、総占有面積は207.78ムー、投資総額は10.5億元、年産価値は30億元の見込みがある。出来上がった後、搜于特グループのサプライチェーン・マネジメントの業務本部として、商業貿易、商品物流、フロー、技術流れ、資金流れが道に集まることを動かして、道産業のモデルチェンジを加速し、道経済の発展基礎を高める。

 

出所時間網


无标题文档