无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞2018年の目標:GDPが8%増加し、8000億元を突破することに極力努める
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-01-18 [このページを印刷]    [クローズ]

過去の2017年で、東莞は強力に一連の重点的な仕事を進めて、全市の経済発展が安定的に進めて上昇する姿勢を維持して、多くの主要経済指標の増加速度は予想を上回った。

中国共産党東莞市委員会145回全体会議において、市長である梁維東は2017年の経済発展状況を総括して分析し、2018年の仕事を配置した。梁維東は、今年、東莞のGDP8000億元を突破することに極力努めて、都市の住民は1人当たり可処分所得は8.5%以上増加すると語っていた。

 

去年多くの項目の経済指標は近年の極みに達した

2017年、東莞の経済運営の全体が安定的に上昇し、品質収益は絶えず上がって、多くの成績はすべて近年の極みで、よく見通しがつく成績簿を差し出した。2017年の東莞年間の生産総値は予想された任務を完了して、7000億クラブに入ることができる。

国際制造業の名城として、東莞昨年の工業増大の勢いが喜ばしくて、実体経済の活力は更に強めた。年間の一定規模以上の工業増加額は3307億元を実現して、10.6%増加して、珠江デルタ9市において第2位であった。一定規模以上の工業企業の利潤が大幅に47.2%増加した。工業の電力使用量は555.4億キロワット時で、9.8%増加して、増加速度は4年近くでもっとも速かった。

「トロイカ」から見ると、固定資産の投資総額は1682億元、11.3%増加して、増加速度は4年近くでもっとも速かった。輸出入貿易総量は1.2兆元を突破して、7%増加した。社会消費財小売総額が2690億元、10%増加した。

経済構造から見ると、去年の111月、先進制造業、ハイテク制造業の一定規模以上の工業増加額の比重はそれぞれ50.3%39%であり、同時期と比べて0.70.9パーセントを高めて、経済運動エネルギーの転換は明らかに加速した。普通貿易の比重(保税物流を含む)、ハイテク製品の輸出比重は46%41.7%まで上がって、それぞれ去年に比べて6.62.3パーセントを高めた。

財政税収から見ると、市普通公共財政予算収入は591億元で、11%増加し、国税収入は1506億元で、22.5%増加し、土地税収入は477.8億元で、22.4%増加した。金融機関の当外貨の預金残高は12498億元、8.3%増加した。

市場主体から見ると、全市は新しく市場主体22.3万社を登録して、28.3%増加し、市場主体の総計は100万社を突破して、全省における地級市の首位に位置していた。

 

「倍増計画」の先導作用が著しい

梁維東の紹介によると、去年1年、東莞は制造業立市の動揺しないことを堅持して、強力に重点企業の規模と収益倍増計画を進めて、全面的に省市「実体経済10条」政策を実行して、年間企業のために370億元負担を軽減して、工業経済がわりに速い発展を実現したことを推進した。

「倍増計画」試験点企業の発展から見ると、214社の市レベル倍増試験点企業の業務収入は3600億元を上回って、30%以上増加して、税収は80億元を上回って、20%以上増加した。その中、去年111月の195社の一定規模以上の工業倍増試験点企業の主要業務の収入は31.4%増加し、全市の一定規模以上の工業より平均的に13.5近くパーセント上回って、17.6%増加を実現して、増加額が全市の平均的レベルより7パーセントを上回っった。倍増試験点企業の中で、新たに上場企業7社を増加した。

2017年、東莞の5つの支柱産業の中で4つの産業は二桁増加を実現した。統計によると、去年111月、製紙と紙製品業、食品飲料加工制造業、電気機械と設備制造業の増加額はそれぞれ22.7%11.1%10.4%であった。民営外資工業の増長速度もとても喜ばしい。データから見ると、民営工業増加額は19.7%増加して、全市の平均値より9.1近くパーセントを上回って、一定規模以上の民営工業の増加額は42.8%に達した。外資工業の増加額は4.8%で、4年近くのもっとも速い。

「多国籍通販、現代物流などの新業態、新モデルは急激に発展している」と梁維東が語っていて、2017年に新運動エネルギーの増加は加速して、国際小売輸出は8821万件で、24.3%増加して、総量は全国の第4に位置している。東莞企業の連鎖店鋪は3万社を上回って、景気指数は全国の第4に位置している。全市の新たに登録した新エネルギー、生物医薬、省エネ環境保護などの新興産業の市場主体は8065社であり、29.9%増加して、総量は2.7万社に達した。

 

革新資源が加速して東莞に集まる

データによると、東莞去年の革新駆動力の向上を表明した。2017年、東莞R&D投入は2.5%に達して、全省の第3に上がった。全市のハイテク企業の数量は2028社から4077社まで増加して、ハイテク予備企業の数量は2400社が新たに増加して、総量は皆全省地級市の第1に位置していた。2004家の一定規模以上の工業企業は研究開発機関を設立した。109社の企業は省レベルのエンジニアリング研究センターの認定を獲得した。国内では効果的に特許量13822件で、全省地級市の第1に位置していた。

革新資源が加速して東莞に集まる。梁維東の紹介によると、2017年、東莞材料科学と技術省実験室は全省第1陣の起動した4つの実験室の行列に入って、全市は国家級インキュベーションが11社増加して、省革新科学研究チームを5つ育成して、そして北京大学、清華のなど38知名高校と新型研究開発機関と名門校大学院を共同建設した。

それ以外に、科学技術金融産業の融合も全市産業の発展を推進した。東莞では金融機関がハイテク企業のためにローン268.1億元を発給して、37.0%増加した。企業研究開発機関は年間出資援助6.2億元に達して、全省の地級市の中で大幅にリードした。国内外での上場企業、新三板の開業企業はそれぞれ43社と202社まで増加して、登録基金は387まで増加して、金融が科学技術に対する支えは絶えず強めていく。

 

重大プロジェクトの投資は3136億元完了した

2017825日、東莞市役所と京東グループは北京で戦略的協力協議を締結して、双方が鳳崗「京東都市人工知能産業新市街」プロジェクトの実現を推進する。過去の1年、このプロジェクトを含めて、東莞は例年の投資規模最大の紫光芯クラウド産業城、清渓科学技術生態城などのいくつかの重大なプロジェクトを導入した。

統計によると、年間新しく億元以上の国内資本プロジェクト175を導入して、合意金額は1194.6億元で、41.9%増加し、千万ドル以上の外資プロジェクト95を導入して、金額が29億ドル、発展基礎は更に強めた。重大プロジェクトの投資は3136億元完了し、16.9%増加して、投資計画の119.6%を占めていた。省重点建設プロジェクトの市管プロジェクト36項で、投資は160億元を完成して、投資計画の113.8%を占めていた。

梁維東の紹介によると、2017年、東莞は総投資823億元の85重大プロジェクトが契約して施工を推進して、全面的に水汚染処理の堅塁攻略戦をスタートさせて、「十三五」期間において治水のために338億元を投資した。都市品質3年の上昇計画を実施して、第1陣の都市建設プロジェクトの582個を選定して、投資規模は1880億元に達した。

不動産市場について、東莞は科学的に土地の供給計画を制定して、多種の方法で住宅用地を供給して、保障住宅、人材住宅どの住宅体系を構築した。全市の商品住宅のネットでの販売面積は811.5万㎡で、23.6%下がって、住宅の平均価格は15796.3/平方メートルで、201610月のレベルより低い。全市住宅の在庫周期は10.9ヶ月で、住宅の在庫周期を去ることは次第に回復し、供給が需要に追いつかない局面はある程度改善して、非商品住宅の在庫周期はおよそ12.6ヶ月で、在庫を去るスピードは明らかに加速していた。

 

今年は制造業立市の方向を堅持する

「東莞のモデルチェンジはすでに質的変化を突破する堅塁期間になって、必ず危機感と緊迫感を強めなければならない」。2017年の得た成績に直面して、梁維東は思って、東莞は産業体系の構造的制約を解読して、モデル制限の制約、運動エネルギー転換との膠着する制約などのシリーズ制約を開放して、モデルチェンジの堅塁攻略戦を発展して、しっかりと品質よく発展するという根本的な要求をとらえなければならなくて、革新を第1動力として堅持して、園区組団発展を核心戦略として、改革開放という肝心な手段をうまく使い熟さなければならない。

梁維東は、今年東莞は6つの仕事をしっかり行うと語っていた。1、制造業立市の方向を堅持し、「倍増計画」を実施して、いっそうより多くの支柱産業クラスターを育成することを重視し、積極的に知能創造生態チェーンを創建し、力を入れて先進制造業を核心にする実体経済発展を推進する。2、革新駆動発展のアップグレード版を創建し、積極的に広深高速革新ベルト「1+1+11」の模範建設を行い、松山湖と浜海湾新区の建設を加速して、強力に中性科学城の建設と東莞材料科学と技術省実験室の建設を推進して、革新型一級都市へ挺進することを加速する。3、思い切って企業誘致・資金導入と固定資産投資を行い、積極的に保存土地を流通させ、更に発展の基礎を強める。4、更に改革開放のレベルを高め、市場主体の活力を強める。5、美しい東莞の建設を加速して、水汚染処理の堅塁攻略戦を行い、地下鉄1番線などのインフラ建設をしっかりと行い、適度に中心市街区域の首位度と都市更新、TOD開発などを進めて、絶えず都市の品質と内包を高める。6、教育、医療、社会保障などの公共サービスの定昇を推進して、多主体供給、多ルート保障、租税が並行している住宅制度を創立し、よりよく改革と発展の成果を市民大衆に与える。

2018年にGDP8000億元を突破することに極力努める」と梁維東が提出して、新しい1年、東莞は生産総値8%の増加を実現して、、都市住民の1人当たり可処分所得は8.5%以上増加する見込みがある。

 

出所:南方日


无标题文档