无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東坑:支柱産業クラスターを育成し、経済を推進し、品質向上、効果増加を目指す
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-01-09 [このページを印刷]    [クローズ]

東坑鎮は2018年の新年工作会議を開催し、新たな発展の「爆発点」を創造する

14日午前、東坑鎮は2018年の新年工作会議を開催した。鎮委員会書記である張耀洪は、2018年は党の第19期代表大会精神を貫徹する開局の年であり、最終的な勝敗を決めて全面的に小康社会を作り上げて、より高いレベルの発展を実現する肝心な年であり、東坑全鎮は心を合わせて協力して、革新モデルチェンジ発展、調和発展、文明文化の盛り上げ、美しい東坑の建設、社会の調和治理、全面的な厳しい党内統治などの6つの方面から新たに向上させ、力の限りを尽くして逸品特色発展の新局面を実現すると語っていた。

 

積極的に本土の先導企業を育成する

会議では、今までの1年は東坑鎮が経済モデルチェンジを推進して、品質を向上させ発展する肝心な1年であった。東坑は「倍増計画」、革新駆動、文明創建、品質向上、治水堅塁などの重点的な仕事により、全鎮の経済社会はいっそう安定・繁栄で、みごとに「全国文明鎮」を創建した。

これから、全鎮の党員幹部と大衆は意見を統一して、チャンスをつかんで、「6つの新しい引き上げ」で新時代の逸品特色発展の新局面を実現する。

2018年、東坑鎮は引き続き「省通信電子科学技術革新専門鎮」の産業基礎に立脚して、広深科学技術回廊の建設に融合して、革新駆動発展のアップグレード版を創建して、革新成果の転化、インキュベーションの建設などの新しい突破を得るように推進する。供給側の構造的改革を進めて、産業構造調整、企業倍増、優良企業誘致、主導産業「精密・専門・特別」に発展する方面において、必ず力を出して、持続的に実体経済を強大にさせる。

富港、新能徳、中徳などの倍増企業の先導作用と放射機能を発揮して、積極的に本土の先導企業を育成して、力を入れてより多くの本質的な支柱産業クラスターを育成して、東坑の新たな発展の「爆発点」を創造し、35年間で400億元の通信電子インフラを建設し、全面的に東坑経済の品質向上、効果増加を推進する。

 

「全国文明鎮」ブランドを引き続き磨き立てる

新しい1年、東坑鎮は市園区の組団発展を牽引にして、番莞快速の建設をきっかけにして、自発的に東部産業園区、莞惠一体化に融合し、深セン「東進戦略」とマッチングして、優位の補い合い、位置をずらして発展することを促進する。鎮村の協力と貧困扶助に協力して、鎮村の発展を進めて、鎮レベルの計画と主導機能の開発を強化して、鎮村の提携収益共有構造を完備させ、強力に集団経済の品質向上・効果増加を支持する。「三旧」改造の足並みを加速して、鎮村、村と村の「団結発展」を強化して、全面的に鎮村の連動と地区の歩調を合わせて発展する構造を建設して、全面的にバランス、協調性を強化する。

それ以外に、東坑鎮は更に「全国文明鎮」の成果を強固にして、「国家レベル」ブランドを引き続き磨き立てる。農耕文化、「三旧」文化の資源をキャリヤーにして、新型、優良、逸品文化の扶持力度を増加して、東坑の本土文化遺産を保護して伝承して、新しい文化の高さを構築し始める。基層公共文化施設の建設を加速して、公民道徳建設工事を実施して、文明「5+」ボランティアブランドを引き続き維持する。

同時に、文化事業と文化産業を発展して、文化逸品工事の創作を実施して、アイデア設計、現代印刷などの産業クラスターを創建して、いくつかの文化先導企業を育成して、温度ある「文化生活圏」を建設する。宣伝能力の建設を強化して、より良く東坑都市の新しいイメージを外部へ展示して、都市文化のソフト実力を高めて、「文化小康」を実現するように努力する。

会議はまた都市品質向上の3年計画を実施して、公共サービスの均等化の発展を進めて、全面的な厳しい党内統治について手配した。

 

出所:南方日


无标题文档