无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
橋頭は庭園式現代化工業都市を創建する
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-01-19 [このページを印刷]    [クローズ]

115日、橋頭鎮は近頃完了した建設計画(20172020年)草案(以下は「計画」という)が市都市と農村計画委員会に申告して審議する前に、ネットワークを通して社会へ公示して公衆の意見を求める。橋頭鎮は、当該鎮を輸出志向型経済を主にして、庭園式現代化工業都市を建設し、そして都市性質を製造業を主体にして、旅行を特色にする環境の優美な生態型都市に建設することを表明した。

 

東江水域とその周辺は建設禁止区である

計画によると、2020年まで、橋頭鎮の居住人口規模は28.0万人で、都市と町の各施設は皆この規模によって配置する。全鎮の都市と農村の用地規模は30.16平方キロメートル以内で、その中の都市の建設用地の規模は29.66平方キロメートルである。

全鎮では建設禁止区1.66平方キロメートルを確定して、およそ地域総面積の2.97%を占めていて、主に東江水域と周辺の生態高敏感地区の用地である。橋東公園、長江下流地域公園、山和公園、蓮湖公園、橋頭公園などの都市公園緑地と紅花峰生態区、宋屋洲生態区、三万地生態区、牛埔生態区は緑線に組み入れて「区切る」管理を行い、総規模は686ヘクタールである。

現代新都市の建設計画において、橋頭鎮は基本サービスの施設の均等化建設を推進する。全鎮では小学校17か所、中学校9か所、4か所の医療衛生用地を取っておく。段階別に文化総合センター、橋頭鎮青少年館、新図書館、ハス花博物館、ハス花広場などの重大な公益性文化施設の建設を実施し、重点的に橋頭鎮文化スポーツ公園の建設を進める。2020年まで、占有面積5万余り平方メートルのシンボル的な文化スポーツ工事を建設し、1万人ごとに公共文化施設面積1800㎡に達することを実現する。

同時に、橋頭鎮は更に莫家拳館、鄧屋村歴史編纂所などの施設内容を豊かにして、進士村、院士祖屋、莫家拳、東橋古街、東深給水、革命旧跡など文明資源に対する保護と合理的開発を行い、橋頭特色を持つ「10里観光文化長廊)」を建設し、歴史文化の特色を明らかに示す。2020年まで、鎮村の2レベルの文化施設の全面的にカバーすることを実現する。

 

重点的にエコ包装産業の発展を強化する

空間構造と用地配置について、橋頭は組団式構造の形態で発展し、現状古城を中心にして、都市と町に沿ってぶれの両側に延びて発展して、北へ広げて、「13小の4つの都市の組団」を形成する。4つの組団はそれぞれ市政回廊、自然河川分離、メインストリーム連絡で、比較的独立的で、機能がそれぞれ異なっている、特色鮮明な都市と町の構造体系を形成する。その中、中心組団は総合サービスセンターであり、東部組団は工業総合区、橋東工業地区であり、北部組団は工業総合区、橋竜工業地区であり、西部組団は東部工業園の橋頭片区である。

2次産業の発展について、エコ包装、電子情報、金属鋳型などの業界を拠り所にして、技術改造の力度を増大して、後れている生産能力を淘汰して、技術の進歩と産業革新を推進する。特色産業の育成について、現在のところ、橋頭鎮ではエコ包装とその上下流企業が368社をもって、続いてエコ舗装産業を強化し、エコ包装産業協同革新センターの建設を実施し、その中の人材育成訓練、製品テストと材料研究開発などの3つのセンターは既に出来上がった。

その同時に、橋頭鎮は精密に第1次産業を発展し、積極的に現代都市農業を発展し、松山蓮湖観光地区、ハス花栽培産業園、現代農業模範園、宋屋洲、大東洲河野菜生産基地などの5つの片区を統合し、力を入れて生態農業、経済効果のある農業、観光農業を発展する。高水準の基本的耕地の建設をやり遂げる。

 

出所:南方日報


无标题文档