无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
「莞榕計画」みごとに完了、第1陣の20社は松山湖に定住
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-01-02 [このページを印刷]    [クローズ]

1227日午前、「莞榕計画」締結開幕式は東莞両岸生物技術産業協力基地のコアテーマ園区である松山湖国際精准医学学園で正式に行われた。「莞榕計画」はまた6社の優良の生技企業と契約を締結し、東莞松山湖両岸生物技術産業合作基地はまた新しいチームを増やした。これで、「莞榕計画」は20社の企業を導入する目標がみごとに完了した

 

20社の企業は多数の生物業界に散在している

広東省政府の顧問、台湾UMCグループの栄誉副理事長、台湾両岸生技産業発展促進会理事長である宣明智、市役所の顧問、東莞市生物技術産業発展有限会社理事長である宋涛および松山湖管理委員会の部門指導者、「莞榕計画」企業の代表はイベントに出席した。

調印式で、宋涛は6社の上場生物技術企業である映泰株式有限会社、昱程科技株式有限会社、中国台湾動薬国際株式有限会社、捷佳科技株式有限会社、同佳国際健康産業グループ有限会社、康呈生医学株式有限会社とそれぞれに契約を締結し、最後の生技企業が「莞榕計画」に入選され、これで、「莞榕計画」が20社の企業を導入する目標が順調に完了し、東莞松山湖両岸生物技術産業合作基地に定住した。あとで、宋涛はまた入選された20社の企業に対して11つ札を授けた。

1陣の定住した20社の生技類企業は医療器械、IVD(体外診断製品)、保健食品、美容化粧品など多数生物の業界に散在していて、台湾、香港の生技産業の中で一定的な代表性があって、更に台湾業界をリードする企業もあって、例えば亜諾法生技株式有限会社は主に抗体と蛋白質の研究開発、製造と販売に従事していて、全世界の最大の抗体および蛋白質の製造会社の一つであり、双美生物科技株式有限会社は両岸の唯一の整形用コラーゲンの植入剤を生産する会社であり、ぶとう王生技株式有限会社は中国台湾の最大の本土健康食品メーカーであり、年販売収入は100億新台幣を上回っている。

調印式で、宣明智は「莞榕計画」3年来の全体情況を紹介した。彼の紹介によると、専門チームの努力を経て、「莞榕計画」は構想から実現まで全台湾の生技業界でだれでも知っていて、大量の優良の生技企業の認可を得て、プラットフォーム、生技会社の審査と専門家チームの選別により、最後に第1陣の20社の生技企業が東莞松山湖に定住して、莞榕計画の設定した導入目標を果たした。未来、東莞がより多くの支持を得て、共に両地の生技提携を強化すると語っていた。

宣明智は、このように規模の産業シフトプラットフォームは初めて現れて、「莞榕計画」をみごとに実施して、良好な効果を得て、東莞を迅速に国内の最も有名な両岸生技産業合作模範園区になって、そして一連の企業を誘致し資金を導入するイベントに動かして、それによってより高い段階、より広い範囲、より深い程度の協力モデルを形成すると語っていた。

 

多くの上場企業から選別する

宋涛は記者に教えて、「莞榕計画」は政府が資金導入の手段として、広めて初期において多くの困難を経験して、どのように「莞榕計画」を広めるかを考慮するだけではなく、最も難しいのは入選される生技企業の圧倒的多数は上場会社または公発会社であるため、優良の中の優良を選別しなければならない。このため、松山湖生技会社は互貴興業プラットフォームとともに、3年来全台湾の生技業界で「莞榕あらし」を巻き起こして、メディアの報道、フォーラムの開催、展会プロモーション、実地調査、調査研究、投資訪問、業界策略連盟とのマッチングなどの全方位の手段によって「莞榕計画」を推進して、200余り社の生技企業と接触して、全台湾の生技企業に対して基本的に調査して、「莞榕計画」が台湾の生技業界で高い関心を持たせた。

同時に、生技会社は市役所の頼む実施プラットフォームとして、厳格に企業をきびしく検査する仕事を担当して、苛酷で慎重なプロジェクト審査評価流れを制定し、それぞれの入選されたプロジェクトが皆内部評価、第3者による職責を果たす調査、専門家の審議などを経て、厳格に協力契約を制定することに通して、明確なプロジェクトの定住審査指標を制定して、製品の技術導入を実行して、定住する企業が正常に運営することを保証する。

3年来の苦しい努力を経て、第1陣の20社の優良の台湾生技企業の定住に従って、「莞榕計画」がすでに企業と市場の認可を獲得したと説明して、模範による効果を通して、すでにより多くの台湾有名な生技企業が東莞に定住することを動かして、例えば台湾宇隆、台湾環球聖、香港現代歯科、香港米美加などの企業がすでにまたは間もなく松山湖に定住する。

宋涛は、「莞榕計画」は東莞と台湾との間に生物技術の産業シフトと交流のプラットフォームであり、実行する結果もこの計画が多くの優秀な台湾の生物技術企業が東莞で事業を広く開拓するように引きつけたことを表明して、この方法は将来に莞台協力に適用するだけではなく、東莞とシンガポール、日本、米国などとの協力にも適用し、産業の集まる新しい起点になると思っていた。

これからのマッチングについて、宋涛は宣伝力度を増大する以外、「莞榕計画」ブランドの効果を発揮して、既に定住した生技企業のためによりいっそうサービスを提供して、経営収入の実現を推進して、企業が内陸での発展に助力する。生技会社は橋梁を建てて、積極的に莞台生物交流と協力を進める。近頃、東陽光薬業と台湾太景生物会社との協力は手本であり、そしてすでに実現した。

 

出所:南方日


无标题文档