无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
易事特は新エネルギー企業の全世界競争力百強ランキングに入った18位になった
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-01-24 [このページを印刷]    [クローズ]

近日、中国人民大学国際エネルギー戦略研究センターと国家発改委国際協力センター国際エネルギー研究所が共同で作成した『エネルギー企業の全世界競争力報告書2017』は発表され、その中で、東莞企業である易事特はランキングに入って、新エネルギー企業の全世界競争力ランキングの18位になった。その他に、易事特が公表した2017年の年度業績予告によると、当該会社の2017年度の純利益は30%60%増益の見込みがある。

 

新エネルギー企業の全世界競争力ランキングの18位になった

『エネルギー企業の全世界競争力報告書2017』には5つの維度(規模、効率、成長、安全、研究開発)によって企業の全世界における競争力を評価した。結論によると、「エネルギー企業の全世界競争力500強」のランキングにおいて、米国企業の入選数量が最も多く、131社になった。中国はその次に101社になった。

その中「新エネルギー企業の全世界競争力100強」の中で、中国(香港・マカオ・台湾企業を含む)は64社入選され、その中で中国企業は57社、世界市場で圧倒性優位を持っている。東莞企業である易事特は493.02点をもってこの百強ランキングにおいて18位になった。

グローバル新エネルギーの競争中でより優位を持っている易事特は、全世界の電気エネルギー品質ソリューション供給商とグリーンエネルギーメーカーであり、それは知恵都市、ビッグデータ、知恵エネルギーと軌道交通などの戦略的新興産業分野のハイ・テクノロジー製品の研究開発、製造とシステム集積とサービスに力を尽くし、その取引先は全世界の100余り国家と地区にある。

ここ数年来、太陽光発電、充電ポスト、蓄積エネルギー、知能電力網などを進め、易事特の知恵エネルギー業務の発展が急激で、国内外のたくさんの太陽光発電プロジェクトに参与した:河北に位置しているアジア最大の水面太陽光発電所、青海格爾木太陽光発電所、ドイツ太陽光発電所、アフリカマリ共和国の太陽光発電などが含まれる。

易事特の代表取締役である何思模は、易事特がずっと自主的研究開発と革新に取り組んでいて、ずっと国家の「一帯一路」と密接していて、積極的に国際市場を開拓し、全世界の配置戦略を実現すると語っていた。今回、新エネルギー企業の全世界競争力前列に位置しているのは、易事特が関連業界における技術の研究開発と革新における投入に密接している。易事特は長年にわたり革新し続けていて、今のところは収穫の季節を迎える。

 

国内、国際業務は皆増長しつつある

世界市場において、易事特は新エネルギー百強ランキングの前列に入ったのは、去年において当該企業の高速発展および獲得した良い収益のおかげである。121日の晩、易事特は2017年の年度業績予告を公表して、予告期間において、会社が上場企業の株主に属する純利益は61313.85万元~75463.20万元で、昨年同時期に比べて30%~60%増加した。

易事特の公告によると、業績の変動は、会社がマーケティングのルートを絶えず発展して改善し、積極的に国内外市場を配置することに離れられない。報告期間において、国内、国際業務は皆増長しつつある。

28年の技術と中国モバイル、中国電信、広電、百度、テンセントなどの優良IDCデータセンタープロジェクトにおける経験の蓄積に頼り、易事特のハイエンド電源装備、知恵都市とIDCデータセンターにおける業務の競争力ははっきりと示していて、急速な増加を実現した。易事特は展望的に建設した太陽光発電所は報告期間において続々と電力系統をつないで発電し、業績の釈放期に入って、2017年太陽光発電の収入は大幅に増加した。

それ以外に、充電ポスト市場の回復、都市軌道交通工事プロジェクト建設の速度増加・容量拡張に従って、会社の充電ポストと軌道交通電力系統の業務は報告期間においてわりに大きな突破を実現して、同時に易事特のこの種類の業務のために2018年度において大幅に増加することに豊かな基礎を打ち立てた。易事特は積極的に太陽光発電の貧困扶助プロジェクトを展開していて、太陽光発電の集積製品の販売業績は報告期間において安定的な増加を維持している。それ以外に、易事特のエネルギー蓄積業務も次第に新しい利潤の成長ポイントになっている。

 

出所時間網


无标题文档