无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞先進制造業は香港の「再工業化」のために動力を提供する
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-12-12 [このページを印刷]    [クローズ]

 128日、香港特区長官である林鄭月娥は市指導者である梁維東、楊暁棠などと同行して、合作週、科創会を見学した。

  

128日午後、香港特別行政区行政長官である林鄭月娥の一行は東莞国際会議展示場で2017中国(東莞)国際科学技術合作週、科学研究機関の革新成果交易会特別テーマ展覧を見学して、現場で香港科学技術成果展示館、広東省科学院展示館展示館と中国科学院展示館の成果を観覧した。市指導者である梁維東、楊暁棠などは随行して見学した。

今回の合作週は多くの香港の最新科学研究の成果と広東と香港との科学技術協力業績を展示した。広東・香港・マカオ大湾区の建設を目立つため、特に香港と内陸との理解を増進して、主催者は香港科学技術成果展示という特別テーマを設けて、香港科技大学、香港理工大学などの6つの高校、香港ナノ科学技術と先進材料研究開発センターなどの5つの科学研究機関の最新の科学技術の成果と広東(東莞)と香港との科学技術協力成果を展示した。同時に、成果プロジェクトに関連しているロードショーのイベントを開催して、そして香港の科学技術界の人員を招待して東莞にで展示を参観した。

見学している中、林鄭月娥は、数年来において香港と広東省はずっと緊密な科学技術交流と協力を維持して、1つの目標は、科学技術の成果の転化を促進して、両地の産業生産力と競争力を高める。科学技術を通して生産力を高めて、香港のために「再工業化」を実現させ、これは特区政府と工業総会の共通目標である。東莞の先進制造業は双方の協力のためにより大きな動力を持ってくると語っていた。

 

出所莞日


无标题文档