无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞企業は国内厚膜発熱業界をリードする
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-12-06 [このページを印刷]    [クローズ]

東思電子は自主的に厚膜技術を研究開発して、今年の業績は3000万元を突破する見込みがある

「松山湖現代企業アクセル」、東莞市東思電子技術有限会社(以下は「東思電子」と略称する)はここに位置している。東思電子の事務室で、社長の陳沢興はそっとウォーターサーバーのボタンを押して、わずか数秒で、お茶を入れるお湯ができた。

陳沢興は誇らしく記者に向かって紹介して、急速に発熱するのは、東思電子の自主的に生産する厚膜材料のおかげである。このコア技術に頼り、東思電子は過去の数年において、多くの領域に切り入って、そして松山湖で急速発展を実現して、今年、企業の経営収入は3000万元を突破する見込みがある。

 

東莞企業の厚膜技術は国内でリードする

2011年、陳沢興は会社を東莞に引っ越すことを決定した。創業の初めから、陳沢興は厚膜材料領域をねらって、彼が会社をリードして真っ先に自動車市場に進入した。

2015年、陳沢興は会社を松山湖に引っ越して、園区での創業過程を始めた。2015年、東思電子は第1期の「松湖カップ」革新創業コンテストに参加して、準決勝に飛び込んだ。「今回の大会を通して、われわれ企業の知名度を高めただけではなく、多くの資源、例えばリスク投資機関などとマッチングした。」と陳沢興が語っていた。

陳沢興の紹介によると、東思電子は厚膜業界ですでに豊富な経験を蓄積して、十分な研究開発チームを持って、新型電子部品と厚膜ハイブリッド集積回路製品の設計・開発・製造に力を尽くして、取引先のために厚膜回路製品のソリューションを提供する。

東思電子の研究開発と生産現場で、陳沢興は記者に対して、厚膜材料の生産をそれぞれに紹介した。続ける研究開発の投入のため、東思電子は厚膜研究開発と生産領域においてすでに明らかな優位を備えて、製造プロセス技術のコントロールとコストにおいて、すべて国内の同業をリードした。

記者は聞かれて、現在のところ、東思電子は主に自動車センサーのコア部品、ステンレス厚膜電気板(パイプ)LEDセラミックス放熱基板、電動工具厚膜速度変調電気回路、レーザー・プリンターセラミックス加熱エレメント、新型厚膜電子部品などのコア製品を持って、その製品は広範に自動車電子、照明、電動工具、家電などの多数の領域に応用されている。

注意するのは、市場開拓について、東思電子は取引先にただ製品を供給するだけではなく、取引先の異なる需要によって、そのために製品の定制化サービスを提供している。このような方法を通して、取引先の粘着性を強め、これも東思電子の市場における競争力を確保する。

 

来年の業績は5000万元を目指す

松山湖に入った後、東思電子はここ数年も急速発展期を迎え、そして園区の多くの特恵を享受した。陳沢興は「いくつかの銀行はわれわれに与信を与え、抵押なし担保貸しを提供して、政府はわれわれに対して利子補給も与えた」と語っていた

市場は次第に開放して、東思電子も業績の急速成長を迎えた。去年、企業の経営収入は2000万元に達して、今年の業績は3000万元を突破する。現在のところの発展速度によって、来年業績は5000万元を突破する見込みがあります。

陳沢興の計画によって、3年後に、東思電子は億元の経営収入を実現する。その業績を支えるのはいくつかの業務プレートの増加である。陳沢興は、「今、われわれの業務は主に自動車電子、事務類製品、小型家電の3つの市場に足を踏み入れて、このいくつかの大きなプレートは来年すべて高速成長の予想がある」と紹介した。

その他、東思電子の厚膜発熱技術は国内の家電巨頭の関心を引き起こして、そしてすでにそれと協力を展開した。「美的、蘇泊爾などのメーカーを含んで、われわれはすでに当該企業の製品研究開発に介入して、今それともサンプルの開発段階にあり、来年に量産を実現する見込みがある」と陳沢興が語っていた。未来の数年、大きな取引先の注文書の増加に従って、東思電子は新しい急速成長を迎える。

数年の技術研究開発を経て、現在のところ、東思電子の製品の50%の材料は国産化を実現して、陳沢興の目標は、続ける研究開発の投入を通して、東思電子は製品材料の100%国産化を実現する。

 

出所時間網


无标题文档