无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東城は華南初めての「僑」特色の電子商取引産業園を創建する
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-12-06 [このページを印刷]    [クローズ]

東城多国籍電子商取引の構造はまた新鋭軍を増やす。1118日、東僑智谷電子商取引産業園プロジェクト昇級曁国際化サービスセンターは落成し、華南初めての「僑」特色の電子商取引産業園を創建する。

 

いくつかの公共サービス機構は駐在する

現在のところ、園区は積極的に東莞伝統企業、外資企業のモデルチェンジ・アップグレードするワンストップサービスの電子商取引サービス・プラットフォームを建設していて、市電子商取引公共サービスセンター東城駅、市香港とマカオ青年創業基地、市新僑創業就職サービスセンター、両岸産業協力促進とサービス基地などのいくつかのヘビー級の公共サービス機構が駐在している。

園区は「帰国した同胞留学生実習創業基地」を設立して、海外華僑団体の東莞駐在窓を設置し、第1陣はカナダ、米国、オーストラリアなどの16国家の知名華人華僑団体が駐在し、国外同類園区との協力を展開して、運営モデルを輸出し、双方向で電子商取引と科学技術インキュベーションを広く開拓する。。

東僑智谷の電子商取引産業園の面積は約100ムーで、「華僑に協力し華僑に利益を与え、華僑を誘致し、外部人材を登用する」ことにより、中国電子商取引公共サービス連盟専門家の知恵袋と東莞市電子商取引公共サービスセンターのプラットフォームに頼って、東莞伝統企業、外資企業のモデルチェンジ・アップグレードするワンストップサービスの電子商取引サービス・プラットフォームを建設し、現在のところは電子商取引、革新類企業が70数社が進駐している。

 

資源を統合して企業運営のために護衛する

当日午前、東僑智谷の電子商取引産業園は市電子商取引公共サービスセンター、市外交事務華僑関係事務局、市帰国華僑連合会、東莞理工学院などのいくつかの部門と協力戦略合意を締結した。

東城大通り党委員会委員である銭燦光は表して、東僑智谷電子商取引産業園のアップグレードと国際化サービスセンターの落成は、東城電子商取引産業の新たなレベルに達することを示している。

東僑智谷電子商取引産業園の理事長である羅愛武は紹介して、園区と市ビジネス局は共に建設する「東莞市電子商取引公共サービスセンター東城駅」は、技術諮問、マーケティング、物流、金融支払、政策法律、人材育成、創業インキュベーションとデータ分析などの電子商取引サービス領域において、企業の専門運営と創業、ブランドのインキュベーションのために護衛する。

東僑智谷電子商取引産業園はまた華南初めての「僑」を特色にする電子商取引産業園区を創建する。羅愛武の紹介によると、園区は国家「一帯一路」「華僑を誘致し、外部人材を登用する」工事、「僑」を橋にして、「僑特色」園中園:「帰国した同胞留学生実習創業基地」を創建する。

東僑智谷電子商取引産業園はまた部・委員会と市外交事務局、ビジネス局、各国駐広東ビジネス機関の専門家と共に、「東僑智谷インターネット電子商取引専門家シンクタンク」を創立して、「華人華僑が帰国して創業し、知能科学技術、ブランドのインキュベーション、公共サービス、人材育成、ビジネス協力、政府資源」などの新しい領域の資源とマッチングして、東莞の伝統企業、外資企業のモデルチェンジアップグレードに協力して、更に「東莞製造」と「東莞智造」をグローバル化した影響力を高める。

 

出所時間網


无标题文档