无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
2017中国(東莞)国際科学技術合作週、科学研究機関革新成果交易会が閉幕
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-12-12 [このページを印刷]    [クローズ]

中国科学院の展示区

 

外国の専門家は清華東莞革新センターで見学していた

東莞理工学院が展示した感応ロボット

東莞時間網のニュース 3日間の2017中国(東莞)国際科学技術合作週、科学研究機関革新成果交易会(以下で合作週、科創会と略称する)は昨日東莞で閉幕した。科学技術協力の翼に頼り、東莞は「世界工場」から加速して全世界の注目する「革新高地」に跳ね上がった。

今期の合作週、科創会は米国、ロシア、ドイツ、イギリスなどの国家と地区と国内の多数の科学研究機構の大量科学者、企業家に参与するように引きつけて、十分に最新の科学技術の成果を展示して、広範で国際科学技術協力を展開して、多くの項目の生産部門学校科学研究機関の協力成果を達成した。

展会で、東莞革新地図が登場してから注目されていて、賓客は次から次へと革新地図区で、タッチパネルによって東莞の科学技術の革新情況を了解した。その他に、多くの科学技術のプロが高精度と高品質の「黒科学技術」を持ってきて、市民に「満足」に息を吐き出させた。

 

「最も強い大脳」は12人の院士がフォーラムに集まった

世界の有名な国際科学技術交流と協力プラットフォームとして、今期の科学技術合作週、科創会は「科学技術協力マッチングで共に未来を作り上げる」をテーマにして、総面積25000㎡の6つの特別テーマコーナーを設けて、それぞれ国際協力区、科創成果区、最前線科学技術区、専門技術区、革新生態区とインタラクティブ体験区である。現場では欧米先進国と「一帯一路」沿線国家の優良品質の科学技術革新の新資源、全国新型研究開発機関、各地方科学院の最新成果、および軍民融合、科学教育と知的所有権などの製品とサービスを展示した。

同時に、合作週、科創会も科学技術権威の交流研究討論の新しい陣地になった。その間に、主催側は第2期の中国科学技術革新フォーラムと国際科学技術協力、知能製造、原子力、衛星応用、社会生活など多数の領域の18場の特別テーマのフォーラムを開催して、わが省、わが市が国際協力に頼り、華麗にアップグレードするために強大な知恵支持を提供した。

その間に、あるイベント:「マイクロバイオセーフティーと健康フォーラム」の科学院と工程院のアカデミー会員は12人で、科学技術界の「最も強い大脳」が東莞に集まったと言える。

 

全世界の有名な専門家と学者は人工知能を議論する

3日のイベントの中で、多くの科学技術のプロが共に科学技術の先端発展傾向を議論した。関心を持つ第2期の中国科学技術革新フォーラムで、ノーベル化学賞の獲得者であるロベルト・カー(1996年ノーベル化学賞の獲得者)、『連線』雑誌の編集主幹であるケビン・ケリー(ベストセラーの作者)が前後してテーマ講演を行って、そして国内外の有名な専門家の学者と丸テーブルのフォーラム対話を行った。

ロベルト・カーは「革新と科学」をテーマとして講演した。講演の中で、ロベルト・カーは中国珠江デルタ地区の発展モデルに対して肯定して、人工知能、エネルギーと生物という3つの領域は中国の未来における革新発展の方向を代表すると思った。彼の得意とした化学エネルギー領域に対して、彼は再生資源の発展を促進することを提案して、特に電力について、水素エネルギーの燃料電池貯蔵効率を高めて、いっそう高い効率の電池製品などを研究開発すると語っていた。

ケビン・ケリーは「『必然』からわれわれの未来の12技術力を理解する」をテーマとして講演した。彼は講演中で人類と人工知能の関係を予言した:未来において人類は機械と手を携えて、対抗ではない。「ロボットは人類に新しい持ち場を創造して、効率問題を解決して、人類の報酬の多寡は人工知能との協力程度にかかる。

 

東莞革新地図の登場は注目された

8日午前の開幕式が終わった後、指導者は巡回展を見学していた際に、特に革新地図区で市科学技術局局長である呉世文の解説を聴いた。

2016年に東莞のハイテク企業は2028社で、新型研究開発機関33社で、革新チーム60個で、実験室76社であり、東莞革新地図によって、すべてを教える:東莞にどれだけの革新資源があるか、どこでこれらの資源を探しに行くか。革新地図のスクリーンに東莞市の科学技術革新全景図を展示して、各条項の革新要素が空間地理を採用する情報技術を直観的に現れた。

東莞革新地図は市科学技術局より建設して、東莞市電子コンピュータセンターより開発された。それは東莞科学技術革新の配置全景図であり、科学技術の統計データを基礎にして、空間地理の情報をキャリヤーにして、可視化で東莞の革新様相と未来における発展する競争力を体現した。

 

10企業の技術難題の入札募集はブームを誘発した

9日の午前、今期のイベントのハイライトの一つである「10企業の技術難題の入札募集の特別興行イベント」は科学技術革新生態コーナー国際ロードショー庁で行われた。多数の選別により、全省の各地企業から10難題を募集して、大衆に向かって発表した。海水から塩を製造するエネルギー消耗の節約技術から、高蓄積エネルギー密度電気薄膜の調合技術、交通運輸陽ハイエンドアルミニウム型材料の開発と知能生産の肝心点技術まで、ひとたびすべての技術難題は全体の雰囲気を点火した。現場でたくさんの企業がすべて10企業技術難題に対して入札を募集して極めて大きい情熱を持っていた。彼らは表して、10企業技術難題は単独の企業の技術難題だけではなく、全体業界が突破する共通性技術の難題である。

オフラインのロードショーと同時に、創客モードも現場で写真付きの放送を行い、多くの創客はオンラインで当該イベントに参与して、たくさんの見識あるソリューションを提出した。会議の後、オンラインの参加者と難題企業とのマッチングを促進する。1日後、10難題の一つである広東興発アルミ業の「入札募集難題」は、広東省材料と加工研究が引き受けた。

 

科学技術革新クラウドソーシングコンテストの賞金は30万元に達した

2017年「東莞で勝つ」科学技術革新クラウドソーシングコンテストは合作週で起動した。これも東莞市の第1期のクラウドソーシングをテーマとするコンテストである。科学技術クラウドソーシングコンテストは技術の供給と需要の双方が革新成果のマッチングによって協力する試合であり、それは政府を案内にして、企業の需要を方向誘導にして、成果を目標に転化する。

今回のコンテストの引受者である東莞科学技術オンラインクラウドソーシングプラットフォームは各科学研究機構、プラットフォーム、企業とクラウドソーシングコンテストの分地区と戦略的協力のパートナー関係を結んで、企業の科学技術の進歩のために強靱な後ろ盾を提供した。起動式典で、3チームのプラットフォームの戦略的パートナーを契約して、広州、深セン、東莞などの20数社の新型研究開発機関と企業科学研究クラウドソーシングは技術ソリューションを提出した。決勝戦はそれぞれに特等賞、1等奨、2等奨、3等奨を設けて、賞金総額は30万元に達した。

 

クラウドコンピューティングセンターは康佳グループと手を繋いで健康産業を開拓

合作週、科創会の関連イベントも輝点が盛んに露呈した。クラウドコンピューティングとビッグデータのトップフォーラムで、中国科学院クラウドコンピューティングセンターといくつかの機関と企業は戦略的協力協議を締結した。クラウドコンピューティングセンターは康佳グループと手を繋いで共に健康産業を開拓する。

ここ数年来、東莞は中国科学院クラウドコンピューティングセンターなどの科学研究機関に頼り、クラウドコンピューティングとビッグデータのインフラ建設と技術が研究開発する方面において、すでに国内の前列を歩いて、今のところ、東莞はクラウドコンピューティングとビッグデータの産業化を探求して使用を加速している。

フォーラムで、中国科学院クラウドコンピューティングセンターと多数の機関と企業は国際技術転移の戦略的パートナーを契約した。今後、クラウドコンピューティングセンターは自らの強みに頼り、そしてパートナーの資源を統合して、より多くのクラウドコンピューティングの新興技術とプラットフォームの資源を東莞に取り入れることに極力努めて、東莞のクラウドコンピューティングとビッグデータ産業の発展を推進して、在来産業のモデルチェンジアップグレードに協力する。

 

ルポルタージュ

11項の特許は2500万元を競売した

今回の合作週、科創会はまた科学技術成果の特定項目のオークションを開催した。

175万、180万、現場では値上げしたい方いますか……28号第1回、28号第2回、28180万最後!」競売師は「ぱん」と1本の槌をオークションしたことに従って、28号の競売人は8番の標的であるデータ伝送特許を得た。

科学技術成果の特定項目のオークションの現場の雰囲気が火のように熱くて、企業界から来た知的所有権界「買い手」は次から次へと大金を惜しげもなく使って、目標成果を得た。

今回のオークションしたのは11項の特許成果、単項特許、特許包みと特許出願権などを含む。成果の提供者は成都寛和科技、中興通訊株式、華為などの有名な企業と広東省材料と加工研究院、省生態環境技術研究所、東莞深セン清華大学研究院革新センターなどの科学研究機構を含んで、知能設備、通信伝送、3D印刷、マルチメディア、新素材電池、土壌環境保護など多数の領域を含む。

オークションにおいて、競売人が札を挙げることが積極的で、次から次へと2万、5万値上げして、2人の競売人が順番に札を挙げて奪い合って、雰囲気が高潮になった。

最終、整場のオークションは2507.8万元、全体のプレミアムの39.12%を占めていた。その中、底価格の最高な「標王」は広東省材料と加工研究院の持ってくる3D印刷材料の調合技術であり、その価格は800万元の底価格から1200万元の成約価格まで上昇した。

現場の競売師であり、広東友華競売店有限会社の社長補佐である閔涛は、今年8月に広州で開催された広東初めてのオフライン知的所有権のオークションがあり、今回の東莞オークションは省内の第二場である。

「オークションの価格は期待した価格である。その上技術はすべて中興、華為などの大会社の申請した特許であり、一定程度から見ると、価格性能比がわりに高いと感じる」と語っていた。広東高航知的所有権運営有限会社はオークションに参与した許さんは、会社は知的所有権に従事して運営して、以前は同じくその他の場所で参加したことがあり、科学技術の特許成果のオークションは第1回で、今回のオークションした特許は会社が未来において必要な運営に用いると語っていた。

市科学技術局の関係責任者は表して、現在特許のオークションは新興の物事で、オークションを通して特許技術を取引して、大体伝統のトランザクションモードの下で企業の11で長い時間交渉する取引コストを下げて、特許取引の転化率の低い問題を解決した。

 

無人販売の繽果箱は合作週に協力する

今回の合作週において、先端な黒科学技術を除いて、無人コンビニの先頭企業繽果箱も展会で登場して、大会の参加者のために新しくショッピングの体験を提供した。

合作週が開幕した後、市委員会副書記、市長である梁維東、市委員会常務委員、宣伝部部長である楊暁棠も国際会議展示場正門の左側に設置された繽果箱に引きつけられて、現場に入って、楽しいショッピングを体験して、そして無人コンビニを含んでいる「黒科学技術」を理解した。

東莞市繽果箱ネットワーク科学技術有限会社の理事長である雷建竜は言って、東莞市は国内コンビニの密度の最高な都市で、良好なコンビニ発展する土壌をもっていて、ある種類の意味で、東莞は「コンビニの城」と称することができる。繽果箱は新しい小売りの業態である。

繽果箱無人コンビニは現在のところではRFID技術を採用して、先端「無人化」、后端「データ化」の運営モデルを実行していて、インテリジェント化の高い効率化の消費環境を作り上げた。選ばれた商品をレジに置いて、コンピュータはすぐ自動的に決算して、そして音声ヒントを与えて、顧客はウィーチャットまたは支払宝で会計することができる。支払った後に、店の扉はすぐ自動的に開けて、全部ショッピングの過程は早ければ1分で完成することができる。コミュニティ住民の生活のためにローコストを提供して、更に便利な生活はサービス施設によって、新型の消費シーンを創造した。

雷建竜は、2018年の春節後に、繽果箱2.0バージョンは次第に画像認識技術で現在のところの広範に利用されているRFIDRFIDタグに取って代わって、更に商品ラベルの人工とコストを節約することができると語っていた。(記者 李春燕)

 

教育装備専門展は科技合作週に登場

果物はピアノを弾く 見たことがある?

電線が果物をつないでピアノをひくことができて、大学入試の時に出願ビッグデータのプラットフォームを通して知能分析を手伝う。これらはすべて今期の国際科技合作週に登場したハイテク技術教育装備展の製品である。1200㎡のハイテク技術教育装備コーナーは初めて科技合作週に登場した専門展で、最前線の科学技術の教育業での応用を展示した。

「マルチメディア科目室システム、放送システム、教育クラウド室」は知恵学校の創建における応用、「電子かばん、電子クラス札」は学校のインテリジェント化の応用など、これらのハイテク技術教育は市民に足を止めて理解するように引きつけた。その中の果物ピアノの教育課程は市民に前に出て体験するように引きつけた。そっと果物を触ると、すばらしい音楽を演奏しだした。「少年創客」プラットフォームの従業員の紹介によると、彼らの研究開発した課程は皆子供達の課外活動に適用して、学生が入門ロボットの知識を掌握することに利益があり、各種の電子モジュールを利用して各種応用を実現して、当該プラットフォームの教育ロボット互換レゴ器材など、アイデア表現を制限を受けない。

129日、教育装備専門展の実行部門として、中啓教育は科技合作週でプロジェクトのロードショーを開催して、業界の関心を引きつけた。(記者 張欣儀)

 

南城は全市の科学技術産業イノベーションセンターの市街区域を争って創設する

今期の合作週、科創会の開催場所として、南城も全力を尽くして「科技南城」工事の建設を推進している。

今年に入ってから、南城大通りは政策と措施を発布して、努力して全市の科学技術産業イノベーションセンターの市街区域を争って創設する。現在のところに至って、南城の管轄区域は9つの市レベル以上の科学技術インキュベーターがあり、その中で国家級4社、国家級培育部門(省レベルの孵化器)2社である。国家ハイテク企業132社、ハイテク企業の密度は1平方キロメートルごとに2.3社で、はるかに全市の1平方キロメートルごとに0.8社より高くて、革新の主体要素は明らかに増加した。

2011年から、南城大通りの財政が毎年特定項目の資金を手配してインキュベーションに協力して、科学技術インキュベーションを改造して建設するプームを巻き起こした。201711月、南城9大科技園区執務面積は90万㎡近く、科学技術型企業の2700社が集まり、企業の特許は累計で3000項近く、科学技術型人材は3万数人である。

2013年~2016年、科学技術インキュベーターはおよび企業納税総額は合計で8.5億を上回って、しかも総税収金額が年々に着実に上がって、インキュベーション企業は主導的地位を占拠する比例が増加した。

広深科学技術革新回廊は2018年省市革新駆動の重要な仕事であり、南城大通りは広深科学技術革新回廊の東莞段南城片区建設を巡って、「2つの革新ポイント、7つの革新プロジェクト」に頼り、南城の革新駆動発展を動かして、南城科学技術革新の新しいエンジンになった。(記者 李春燕)

 

盟大は産業チェーンの上下流企業と手を繋いで展示に参加した

科学研究クラウドソーシングプラットフォームと契約して成果の産業化を推進する

毎期の合作週はすべて大量な優秀企業に展示に参加するように引きつけて、今年も例外ではない。東莞本土産業インターネットの模範企業である盟大グループはすでに連続2年で展示に参加して、今年最大の不一致は産業チェーンの上下流企業と一緒に宴会に出席した。盟大グループは展示に参加する従業員が紹介して、今年この会社はすべて特装展示である。自分の会社の科学技術革新成果を展示する以外、また初めて産業チェーンの上下流企業と一緒に展示に参加して、新素材技術の新しい成果を展示した。

今年は盟大にとって、倍増発展の1年であり、南城倍増試験点企業として、11月末まで、この会社の経営収入は同時期と比べて5倍近く増加した。会社所属のプラットフォームである大易有塑の取引規模は11月末まで、累計で250億元を突破して、年末に300億元を実現することができる。

科技合作週の際にして、盟大グループは「東莞科技オンライン」科学研究クラウドソーシングラットフォームと契約して、戦略的パートナーになって、東莞の革新資源を統合して、東莞企業の科学技術の進歩のために強大な支持を提供する。

 

出所:東莞時間網


无标题文档