无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
智博会は12プロジェクトを契約し 125億元近くの投資を誘致した
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-12-06 [このページを印刷]    [クローズ]

 

2017東莞市投資環境プロモーション莞深産業提携マッチング調印式が行われた

 

深センからの勁耀国際有限会社は沙田で20億元を投資して創勝智能製造産業園を建設し、深セン市悦目光学器件有限会社は樟木頭鎮で12億元を投資して生産研究開発本部を建設し、東莞市智睿科技サービス有限会社は36億元を投資して常平知恵創産研センタープロジェクトを創建する

昨日の午後、智博会で行われた2017東莞市投資環境プロモーション莞深産業提携マッチング会はまた大きな成果を得て、いくつかの知能産業製造領域の企業誘致・資金導入の成果が集中的に契約して、12投資項目で合意の投資総額が124.81億元に達した。副市長である李徳喜は会議に出席して挨拶した。

 

智博会は「展示会で企業を誘致する」効果が明らかである

今回のイベントは東莞市役所より主催して、市経信局が引き受け、市莞深産業合作促進会が協力して、イベントは深セン市企業家連合会、深セン市電子商業会議所などの七つの商協会の大きな支持を得て、深セン企業は共に400余り人の代表者が参加した。

副市長である李徳喜が各地の企業賓客に対してわが市の優越している投資環境を推薦・紹介した。彼は、東莞は産業施設の完備で、産業チェーンの優位が明らかな制造業名城だけではなく、地域優位、交通の高い効率の手っ取り早い現代物流体系も持っていて、同時に創業と住まいに適合するグリーン生態都市である。更に重要なのは、東莞の経営環境は優越していて、政府のサービスが優良である。ここ数年来、東莞は新しい要素を強化して配置に力を入れて、積極的に「機械で人工を交替」を実施して、企業の規模と収益「倍増計画」を推進して、政策チェーンの改善、

産業チェーンの増加、革新チェーンの強化、資金チェーンの開拓、サービスチェーンの最適化、人材チェーンの実現、知能製造生態チェーンの創建によって、わりに良い効果を得た。

続いて、東莞は広東・香港・マカオ大湾区と広深科学技術革新回廊の歴史上のチャンスを捉えて、十分に地域優位と製造優位を発揮して、東莞を国際水準の科学技術成果転化地、全国のリードする知能製造基地、広深科学技術革新回廊の中部背中になるように建設する、東莞市委員会、市役所が努力して企業のためにより良い環境を創建し、より良いプラットフォームを築いて、更に優れているサービスを提供して、企業に協力して大きく強くして、共同発展を実現すると語っていた。

 

重量級の知能製造プロジェクトは東莞に着陸

市国内資本経済促進センターの資料によると、ここ数年来、東莞は強力に知能製造を進めて、積極的に「中国製造2025」戦略とマッチングして、巨大な市場ニーズと政策支持は多くの知恵製造型企業の眼光を引きつけた。近頃の企業誘致・資金導入の成果の中で、わが市は一部の知能製造産業の細分領域を選び取って、常平、寮歩、樟木頭、中堂、長安、沙田、塘廈、大朗などの鎮街の12投資項目は集中で契約して、プロジェクトの合意投資総額は124.81億元に達した。

プロジェクトは投資額が36億元の常平知恵創産研センタープロジェクト、投資額は20億元の沙田創勝智能製造産業園プロジェクト、投資額は12億元の樟木頭悦目光学器件知能タッチパネルなどのプロジェクトを含む。これらの投資項目は知能製造産業の細分領域の先導企業がり、科学技術の含有量が高くて、経済効果と利益が十分で、広大な投資企業が東莞に定住して、極めて大きく東莞産業のモデルチェンジアップグレードを推進し、東莞知能装備産業の発展を促進する。

会議中、深センからの締結した企業である勁耀国際有限会社はすでに東莞に定住した企業である東莞立訊精密工業有限会社の責任者が投資感想を分かち合った。「わが社は現在のところの業績は倍増加していて、生産を拡大する必要があり、知能装備に従事しているので、必ず市場最寄りの所で利用者にサービスを提供しなければならない。その上、東莞の地域優位が独特で、総合コストがわりに低くて、経営環境が優越していて、制造業の基礎と実力が十分で、現地政府は強力に知能製造、知能装備産業の発展に支持するので、東莞はわれわれの第一選択である。投資定住を探す過程において、市鎮のリーダーは自発的に手を貸して、今日の成果契約があった。」ハイエンドデジタル制御装置に従事している勁耀国際有限会社の社長である羅育銀が語っていた。

 

出所莞日


无标题文档