无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
「粤港クロスボーダー直通快線」が開通された
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-12-06 [このページを印刷]    [クローズ]

東莞市役所、黄埔税関が共同で創立した「粤港クロスボーダー直通快線」は先日に正式開通された。そのため、東莞製造のスマートフォンを代表とする「東莞智造」の貨物は「粤港クロスボーダー直通快線」によって、輸出通関の際に「スピードアップ、コストダウン、手続きの簡素化」を実現できる。

黄埔税関駐長安事務所の主任である高泳庄は、東莞製造のスマートフォンなどの貨物が通関期間が長く、手続きが多い問題を解決するため、東莞市役所、黄埔税関は「粤港クロスボーダー直通快線」モデルを提出し、広東と香港の税関はインテリジェント化バリゲート自動検査通行システムに頼り、広東と香港の継目なし通関を実現し、貨物をバリアフリーで急速に香港空港に届けることを確保すると語っていた。統計によると、このモデルにより、商品明細書の申告、通関申告の別紙記録、車両確認、人工検査開封、税関繰替え検査などの8つのステップを簡素化させ、物流期間はこの前より40%下がった。

 

出所:人民日海外版


无标题文档