无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
広東「外資10条」の宣伝・説明会(台湾商人特別興行)が東莞で行われた
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-12-25 [このページを印刷]    [クローズ]

■広東「外資10条」の宣伝・説明会(台湾商人特別興行)が東莞で行われた

 

東莞市商務局の統計データによると、201710月まで、わが市では台湾からの投資企業3541社があり、累計で211億ドルの契約外資を導入して、全市の23%を占めていて、累計で197.3億ドルの実際外資を導入して、全市の25.9%を占めている。

 

台湾商人が広東で安定して発展することを促進する

広東省政府は今月初めに『広東省が更に対外開放を拡大し積極的に外資を利用する若干政策と措施』(以下は「広東‘外資10’」という)を発表して、台湾商人にわが省の最新の外国商人による投資政策を理解させ、台湾商人が広東での投資を拡大し、台湾資本企業が安定して発展することを促進して、省商務庁と省台湾弁公室は昨日、東莞で「党の第19期代表大会精神を宣伝・説明し、更に開放を拡大し、積極的に外資を利用する若干の政策と措施の宣伝・説明会(台湾商人特別興行)」を開催した。

商務庁副庁長である陳越華、省台湾弁公室の副主任である方涛および省内の20余り都市の台湾商人の代表者は会議に出席した。

 

東莞の開放品質は持続的に高まっていく

会議中、陳越華は広東ビジネスの発展状況を紹介した。彼は、2017年に広東開放型経済の全体は安定的に良好な態勢が現れたと語っていた。開放型経済の品質収益が著しい引き上げ、開放型経済の新しい構造を作り上げて新しい進展を得て、経済管理体制の構造改革が新しい効果を得て、貿易区から改革・革新する効果が明らかである。

「例えば、今年110月、広東省が沿線国家との輸出入は12.6%増加して、全省の22.1%を占めている。実際に4.6億ドルの外資を利用して、76.2%増加した。それ以外に、広東ではまたいくつかの欧米ハイエンド資源が集まった。今年110月、欧米などの主要先進国の実際外資は39.2%増加し、去年同時期に比べて2.7パーセント上回った」と陳越華が語っていた。

陳越華は、対外ビジネス管理体制の構造改革について、広東は東莞市で開放型経済の新しい体制総合試験点のテストを行い、25項の複製・普及意味のある改革方法があった。今年110月、東莞の外国貿易輸出入は8888.2億元を実現して、総量は全国のランキング5位になって、同時期と比べて15.6%増加して、増幅は全国とほとんど同じで、全省より4.6パーセント上回った。外国貿易の綜合競争力は全国外国貿易の百強都市の中でランキング3位に位置している。

 

「外資10条」の純度が高い

党の第19期代表大会は全面的に開放する新しい構造を形成して重大な配置を作り出すことを推進して、高水準の投資貿易自由化の便利化の政策を実行することを提出した。業界では、「外資10条」は広東近年において最大力度の外資を誘致する新しい政策である。

記者は気が付いたのは、広東「外資10条」は外資企業の関心と需要をめぐって、更に市場進出許可の領域を拡大して、外資利用の財政奨励力度を増大して、用地保障、革新研究開発を支持して、金融への支持する力度などを増大する10つの方面から確実かつ実行可能な政策を提出した。

今回のイベントの中で、省商務庁、省財政庁、省科技庁、省ヒューマンリソース社会保障庁、省国土資源庁などの相関部門が共に宣伝講演団を組織して、それぞれ上述の10つの方面の新しい政策について、新しい措置、新しい方法が解読して、そして現場では一部の台湾商人の質問に解答した。

国家行政学院研究員である胡敏は、「外資10条」は広東の対外開放の新しい構造を形成することを推進し、広東の経営環境の新しい優位を創建し、広東が再度外資を導入して利用する、ハイエンドの人材を導入するのに重要な作用を発揮していると語っていた。「つまり、この10条の措置ごとにとても高い純度があり、もしも適切な実行すると、更に全世界の革新資源が集まり、強力に広東の革新発展を進めることができる」と胡敏は記者に向かって語っていた。

 

外国商人の市場進出許可を拡大して台湾商人の注目を集めた

調査によると、今回の会議が十九大が開催した後、広東省初めての投資政策の宣伝・説明会である。今回会議の開催地である東莞は広東ないし国内の有名な台湾商人の集まった場所である。東莞市商務局の統計データによると、201710月まで、わが市は台湾投資企業3541社、累計で契約外資211億ドルを導入して、全市の23%を占めていて、累計で実際外資197.3億ドルを導入して、全市の25.9%を占めている。

今年の前10ヶ月、わが市と台湾の輸出入貿易総額は120.4億ドルで、同時期と比べて15.4%増加して、全市の8.4%を占めている。

「今回の宣伝・説明会はとてもタイムリーである。昔、台湾商人は頭を垂れて進むだけ、国家と省市の最新政策を利用することができず、新環境の下でこの弊害は積極的に改善しなければならない」と東莞市台湾商人協会の事務総長である趙維南は記者に向かって語っちた。「広東の‘外資10’は十分であり、たくさんの東莞にある台湾商人の長い間において関心を持っている政策であり、例えば外国商人の市場進出許可などを拡大すること。これから、当協会は相関弁護士チームを招待してメンバーを招集して実行と貫徹を展開する」。

 

出所:東莞時間網


无标题文档