无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
中国・ドイツ先進製造ソリューション革新センターは東莞で起動した
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-12-06 [このページを印刷]    [クローズ]

 

東莞はドイツ製造からどんなの経験を参考にすることができるか。1121日、2017年に第1期の中国ドイツ協力革新広東香港マカオ湾区都市フォーラム(東莞)は松山湖の中集智谷産業園で行われた。フォーラムは「中国ドイツ協力情報化アップグレード改造」をテーマにして、中国ドイツ工業4.0の先進制造業の提携をめぐって話題が激しく展開していた。市科学技術局副局長である盧鋼などはイベントに出席した。

フォーラムで、中集智谷とドイツの中国ドイツ工業4.0連盟は《中国ドイツの進製造ソリューション革新センターを共同建設する》という戦略協力協議を締結して、中国ドイツ先進製造ソリューション革新センターの開幕式典が行われた。これは「中国ドイツ先進製造ソリューション革新センター」をプラットフォームの核心にすることを意味して、国際先進制造業の資源を統合して、東莞当地の企業に対応して、モデルチェンジアップグレードに関連する革新技術、ソリューション、ヒューマンリソースの協力と発展に協力を展開する。

この協力に対応して、松山湖(生態園)の管理委員会委員産業発展局局長である黄徳洪は表して、経済発展の新常態に直面して、ドイツの先進革新技術を融合すうrことは東莞制造業の新しい時代の発展する重要なパスである。今回の中国ドイツ先進製造ソリューション革新センターの創立は、東莞の中国ドイツ協力で踏み出した重要なステップである。

中集智谷の社長である陳平は表して、未来において更に中集集団のグローバル化した豊富な資源条件と経験を発揮し、中国ドイツ先進製造ソリューション革新センターの建設を加速し、「300社ぐらいのドイツ制造業を東莞に引いてきて、東莞企業にサービスを提供し、すべての実例のある企業に新しい市場の成長点が見つかるように助けて、東莞制造業が知能新時代への推進に協力する。中集集団の総裁補佐である秦鋼は、今回の中集智谷と中国ドイツ工業4.0連盟との連結は、「中国ドイツ先進製造ソリューション革新センター」の共同建設により協力革新を展開し、望牛トン灯台デジタル化製品工場、鳳崗コンテナ「龍騰計画」、中集智谷産業園などのプロジェクトをキャリヤーにして、「中国ドイツ先進製造ソリューション革新センター」の実現を加速する。

 

出所時間網


无标题文档