无标题文档
現在位置: ホーム > 投資・東莞 > 産業経済 > 産業都市計画
産業計画
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2016-12-20 [このページを印刷]    [クローズ]

  将来、東莞は産業都市融合区計画建設に一層力を入れようとしています。そのうち、市級戦略性産業融合区は、市が主導に統括し、区域意味を持つ八大産業都市融合区です。詳細は下記の通りです。
  1. 市区ハイエンド生産性サービス業融合区
  「機能複合、立体便利、低炭素、人間にやさしい」として位置付けた東莞知恵型ビジネスコミュ二ティーです。優れた立地条件と発展基盤をもって、ビジネス金融、科学技術貿易、国際消費など産業を優先に発展させます。

  2. 松山湖(生態パーク)ハイテク産業融合区
  東莞「科学発展模範区、転換グレードアップ先頭区」、「科学技術革新高地、人材集積高地」、「リサイクル経済模範区」として位置付けます。二つパークを合弁して統括して発展させることを契機に、資源要素を整合し、東莞中部科学技術革新の道を作り上げ、二つパークが市全域乃至珠江デルタのハイテク産業融合区になるよう促進します。

  3. 水郷新城幸福ガイド型産業融合区
  広東省幸福ガイド型産業発展先頭模範区、珠江デルタ新型都市化典型、東莞産業転換グレードアップ基点、グリーン低炭素発展模範区、穗莞提携模範区、生態文明建設模範区として位置付けます。ハイエンド新興、省エネ環境保全、生態低炭素をガイドとし、幸福ガイド型産業を発展させ、新型経済増長極を作り上げ、わが市水郷特色経済発展の動力エンジンになるよう促進します。

  4. 長安新区ハイエンドサービス業融合区
  珠江デルタ国際湾区、海洋文化名城、国際濱海ビジネス新城として位置付けます。高起点の計画とハイエンドの発展を堅持し、長安鎮との一体化融合を強化し、わが市が深セン前海、広州南沙とマッチングする重要なプラットフォームになるよう建設します。

  5. 虎門港臨港産業融合区
  東莞対外開放と経済発展の頼り、広州港と深セン港など国家主中枢港の延長と補充、広東省地方の重要な港湾として位置付けます。「大港区」を建設する目標をめぐって、虎門港と沙田鎮「港鎮一体」発展を促進し、機能完備、産業集積、ローカルサービス、華南地域をカバーする現代化、総合的な港湾新城を構築し、先頭として濱海産業空間を整合し、臨港産業集積区を建設します。

  6. 銀瓶ハイエンド装備製造業融合区
  国家新型城鎮化発展模範、華南「智造」産業模範基地、広東産業転換グレードアップ先導区、深莞惠一体化重要プラットフォーム、東莞東部生態知恵新城として位置付けます。広東粤海装備技術産業パークに頼り、ハイエンド装備製造業集積区を重点的に建設し、わが市「国際製造名城」の重要なキャリアエリアになります。

  7. 松朗科学技術新城戦略性新興産業融合区
  松朗一体化の戦略切り口と提携共同構築区、企業本社集積区、バイオ科学技術製造城として位置付けます。華為末端本社など重大プロジェクトに頼り、象山エリア産業転換グレードアップを牽引し、付属サービス機能改善と生産要素集約を促進し、戦略性新興産業融合区とハイエンド科学技術革新新成果転化基地となり、松山湖が穗莞深地域における革新の道の地位をさらにアップします。

  8. 石龍鉄道国際物流産業融合区
  「ワンベルトワンロード」海陸国境連結中枢の国際物流中心地、中欧経済貿易提携交流の重要キャリアとして位置付けます。「ワンベルトワンロード」建設契機を把握し、「シルクロード経済ベルト」広い道プラットフォームを作り上げ、珠江デルタと東南アジアをカバーする対外貿易水路鉄道連合運輸中枢を形成します。 



无标题文档